【大会レポート】2018.07.16(月) OAKLEY CUP Golf Tournament初戦@セントクリークゴルフクラブ

2017年からスタートしたOAKLEY SKULL CUPが装いを新たにOAKLEY CUPとして迎えた初戦である7月16日(月・祝)のセントクリークゴルフクラブで行われた中部予選会。


(セントクリークゴルフクラブのクラブハウス)

当日は、見事な晴天で37℃の炎天下の中、アマチュアシングル、ジュニア、プロ・研修生、ダブルス選手権の合計4カテゴリにて熱きオトコ達の戦いが繰り広げられました。

 

■アマチュアシングル選手権

アマチュアシングル選手権の大会結果はこちらから
http://oakleycup-golf.jp/wp-content/uploads/2018/07/single_0716_st.pdf

セントクリークゴルフクラブとその名の通り、クリークに囲まれたホールも多く、あのジャックニクラウスが設計監修したコースだけあってコースマネジメント、ショット力の両方が試される戦略的なコースでスコアメークに苦しむ選手が続出し、予選通過人数7名、88ストロークまでの選手が12月のFINAL進出という結果になりました。
メダリストは、杉本匡秀選手の75ストロークで前半41、後半34の圧巻のプレーでした。
2位Tには昨年も出場された森田康彦選手、松岡直樹選手が76ストロークでした。


(1番ホールティーグラウンド)

 

■アマチュアダブルス選手権

アマチュアダブルス選手権の大会結果はこちらから
http://oakleycup-golf.jp/wp-content/uploads/2018/07/doubles_0716_st.pdf

ダブルスの予選通過スコアは、69ストロークと非常にハイレベルな戦いとなりました。
難コースを見事5アンダーでTOP通過したのは、2017年大会も1位通過の小島伸浩選手・中嶌克佳選手ペアでした。後半32のビッグスコアでマッチングスコア方式により1位通過となりました。

ペアで出場できるダブルス選手権はウェアを揃えて臨む選手が多かったです


2017年関西予選会TOP通過の甲斐選手・小代選手ペア。
優勝候補ペアでしたが1位と1打差で惜しくも3位通過となり、非常に悔しそうでした。

 

■ジュニア選手権

ジュニア選手権の大会結果はこちらから
http://oakleycup-golf.jp/wp-content/uploads/2018/07/jr_0716_st.pdf

2017年同様にハイレベルな戦いとなったジュニア選手権の予選通過スコアは、上位5位までの78ストロークと年々ジュニア選手のレベルが上がっています。
TOP通過は福田孔思選手で71ストローク。このスコアは全選手の中でのベストスコアタイとなります。
TEAM OAKLEYの最年少メンバーである山川斗夢選手は見事に5位通過しました。
山川選手は、ティーグラウンドでは少し緊張気味でしたが、TEAM OAKLEYのマネージャーのSabuさんから本大会のドリンクスポンサーであるアクエリアスを渡されると笑顔でティーショットに向かっていきました。

注目すべきは大会最年少出場の鈴木蓮央選手でなんと小学4年生で参戦しています。
背丈とほぼ変わらないドライバーを上手に振りこなして、大人と一緒のフルバックティーで前半47、後半45と92ストロークでホールアウトしました。

 

■プロ・研修生予選会

プロ・研修生予選会の大会結果はこちらから
http://oakleycup-golf.jp/wp-content/uploads/2018/07/pro_0716_st.pdf

中部予選会への参戦人数は5名と少なかったですが、さすがはプロというスコアで島本大詩プロが71ストロークで見事にTOTP通過しております。
今回、上位2名までと非常に狭き門となりましたが77ストロークの山本健太郎プロが12月に行われるFINALに進出決定しました。

 

大会終了後にOAKLEYの最新ウェアを試着していただいた方の中から着用したフルコーディネートをプレゼントするとイベントも開催しており、プレー終了後にたくさんの方にご参加いただきました。トライフィッティングの様子は後日アップいたします。

【大会の様子はこちらから】
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.954962551331995.1073741831.715135751981344&type=1&l=b83d3d3061

 

~オトコ達の本気の戦いに集え~
http://oakleycup-golf.jp/

カテゴリー: NEWS